田舎暮らしはまずはマンスリーマンションから始めてみる

マンスリーマンションは長期間の出張などの仕事の理由で借りるという人が多いのですが、実は田舎暮らしを始めたい人にもおすすめのマンションです。

なぜ田舎暮らしにマンスリーマンションがおすすめなのか、その理由を紹介します。

田舎暮らしは近所付き合いが濃厚

マンスリーマンションを田舎暮らしにおすすめする理由は、地域性が現れている地方もたくさんあるからです。

例えばあなたが都会のマンションに住んでいるとしましょう。

そして、あなたは仕事が忙しくて近所付き合いがまったくなかったとします。

そんなあなたは忙しさから静かな生活を考えて、退職したら田舎に移住したいと考えています。

しかし退職していざ田舎暮らしをしてみると、慣れない人付き合いや地域の輪に入っていけないという点に気づきます。

地域の行事に出たり、風習に戸惑って都会に帰りたいと思ったらどうでしょうか?または、地域のつながりがもう少し少ない場所に再移住したいと考えるようになったら、購入した家をまた売らなければいけません。

そういった失敗がないように、まずはマンスリーマンションで地域に慣れてから本当にそこの地域で良いのか考える事ができます。

マンスリーマンションは月単位なので、合わないと思ったらすぐに退去して新しい地域に飛び立てます。

また、田舎暮らしを考え直したいとなった場合のために、住所は都会の家にしておくという事もできます。

初期費用がマンスリーマンションの場合は少ないため、都会に住まいを持ちながらもマンションを契約できます。

まだ引っ越し前の住宅に行き来したい人

また、マンスリーマンションで田舎暮らしを始めるメリットは、都会の自宅とマンスリーマンションを行き来できるという点もあります。

退職してすぐだと、まだ都会でやらなければいけない仕事があったり、同僚や友人と別れるのが寂しいという場合もあるでしょう。

そんな時に沖縄ウィークリーマンスリーマンションならば、自宅とマンションを行き来しやすいです。

マンスリーマンションは家具家電つきという物件が多いため、自宅でも家事をしてマンションでも家事ができます。

また、身の周りの物だけ持てばマンションに引っ越しができるため、フットワークが軽いです。

身軽に田舎と都会を行き来できるのも、マンスリーマンションで田舎暮らしを始めるメリットです。

生活に慣れたら本格的な移住を

マンスリーマンションは、ずっと住んでいると割高の物件です。

そのため、田舎に慣れてきたら本格的な移住を考えてもいいと思います。

ただ、マンスリーマンションだと本当に地域をよく見えるのかといったらそうでもありません。

一軒家を購入した方が地域性がよく分かります。

そのため、地域が自分に合っているかどうか調べたいならば地域の行事に参加したり、その地域で知り合いを作ってリサーチしましょう。

マンスリーマンションは田舎暮らしの準備期間にすれば、移住した時に失敗を少なくできます。

Comments are closed.