Archive for 12月, 2014

ひとりで焼肉について

火曜日, 12月 23rd, 2014

とてもシンプルでありながら、とても人気のある料理のひとつが焼肉ではないでしょうか。

ただお肉を焼くだけなのにとても人気があるという料理はかなり少ないのではないかと思っています。

タレもまた果物など色々なものが入っていて、お店によってさまざまな個性があってだいたいどこのタレも美味しかったりします。

那覇に住む人の美味しいパラダイス-焼肉・ステーキ情報-にもありましたが焼肉屋さんに行く時に気になることのひとつに炭火なのか、そうでないのかということがあります。

もちろん好き好きや洋服に臭いがついても構わないか、ということなどで判断は分かれるとは思いますが、できれば炭火の方が美味しくお肉が焼けるのではないかという一般的なイメージはあるようです。

最近、どうしても焼肉をお店で食べたくなりインターネットでお店を調べたことがあります。

ひとりでも焼肉が楽しめるというお店が最近はずいぶんと増えてきたそうです。

確かに大人数で食べに行くのが普通という風潮はあります。

残念ながら行きたかったお店はなくなっていましたが、ランチならばとここ最近は足を運んで楽しんでいます。

まずランチの時間帯に行くとかなりお得な値段なセットがあり楽しむことができます。

それに、明るい時間なので割と空いていて店内はうるさくないのでゆっくりと食べることができていいのです。

行くと意外なことに年輩の方がひとりで来ているテーブルが多くて驚きました。

ひとりで焼肉ということはもはやあまり抵抗が無いのかもしれません。

ランチセットといえどもサラダや飲み物までついていてかなり充実しています。

もちろんお肉も美味しく、非常に満足して退店しています。

炭火のお店のランチもひとりで行ったことがあり、炭火だけに焼き加減が難しかったのですが贅沢な気持ちで食べることができました。

一度ひとりで食べてしまえばきっと慣れるので、迷っている方は是非行った方がいいと思います。

ランチタイムの平日はかなりお得でおすすめなので周囲の人におすすめしています。

ちょい悪オヤジになりたい!そのファッションとは?

月曜日, 12月 1st, 2014

ちょい悪オヤジとは雑誌『LEON』が提唱した、不良がかったファッションを好んで着る中年男性のことを表現した言葉です。

ファッションはイタリアのお洒落な中年男性を手本としたコンサバファッションがベースとなっており、異性にうけることを目的としています。

そのファッションの基本はジャケットにパンツスタイルです。

テーラードジャケットをいかに着こなすかがファッションの決め手です。

「ちょい悪」というと着こなしが不良の様(悪い着方)なのでは?と思う人も多いかもしれません。

しかし、ここでいう「ちょい悪」とは正しい着こなしをベースにして着崩していくという事で、決して悪い、だらしのない着方ではないのです。

例えば、「ドレスシャツの下にはインナーを着ない」「ネクタイをしないときはボタンを2つ開ける」「ジャケットのボタンの一番下は開ける(段返りなら一番上も)」「パンツ(スラックス)はしっかり上げてウエストで履く」これが正しい着こなしであり、「ちょい悪」スタイルとは、ここにオヤジの渋さと若者の様な遊び心をミックスさせることなのです。

定番アイテムは、ジャケットにローファー、柄シャツなどですが、基本の着こなしに「ちょい悪」を感じさせるような色と柄を取り入れるという方法で、決して若者の腰パンと言われるようなスタイルではないことが分かります。

そして、ちょい悪おやじは若い人にもカッコいいと思われるファッションをすることが前提にあります。

オヤジだけど若さを感じるファッション、それでいて渋いという絶妙なバランスが必要です。

一般的なオヤジのファッションは紺に黒、グレーと黒など無難な色使いになりがちですが、「ちょい悪」を引き出すためには、色使いにも大胆さが必要です。

デニムはインディゴというイメージだけではいけません。

白のデニムはちょい悪オヤジの必須アイテムです。

様々なジャケットに合わせやすいだけでなく明るい色が若さを引き出してくれます。

この様に常に新しい色やその組み合わせを意識してみましょう。